旦那(夫)をこっそりダイエットさせる5つの方法

旦那さんの体型が気になるママさん、奥様
私たちのチカラで旦那さんをなんとかしましょうね。私は気合を入れて立ち上がりました。
”あなたはやせるべき!ダイエット開始〜(*^▽^*)”
 
プロフィール
a00.jpg

名前:けい子
年齢:3○歳
一言:
旦那さんのぽっこりお腹をダイエットしましょ!
しかも“こっそりと”。
旦那様改造計画中の主婦けい子です。
私のダイエットのテーマは
『ゆっくりと少しずつ、上手く一言、こっそりと』
です。あなたのお悩みを解決します。
ご期待下さい。
旦那さんをダイエットをさせる5つの方法
旦那さんに理解してもらう!
旦那様の変化と近況
タグクラウド
最近の記事
カテゴリ
リンク集

2015年10月17日

奥様からプチ・ダイエットを始めてみる、“ね、効果あるでしょ”と見せる

旦那様は自分自身がちょっと太ってきていると認識できましたか?
ちょこちょこと、言葉を選びながらお伝えするようにしていますか?
こんにちは、けい子です。

旦那様をダイエットさせる始めの一歩、認識させることはできていますか?
出来ているならOKです。
あまりハッキリと『太り過ぎ!』とは言わずに、そこそこの雰囲気で伝えましょうね。

そのステップをクリアしたら、第二ステップですね。
次はプチ・ダイエットで効果を見せることです。
090957[1].jpg
大きな視点で言えば“子供に教えるように”でいいのです。
ママがやって見せてあげれば、子供は目で学びながら真似をし始めます。
それと一緒。

晩御飯の時に、「やっぱりお米半分にしよ!」と言い、茶碗からお米を半分減らしてみる、おやつを子供たちが食べているのを見て、「今日は私、我慢してみる」とか、小さいことで良いのです。
プチ・ダイエットをあなたがやってみてください。
そして、やっている感を見せて、『私、1キロ減った!』と効果を見せてあげるのです。




いきなり体重は減っていくのも厳しいかも知れませんので、実際の体重は見せずに

『ちょっと体が軽くなった!』と表現してみるのもいいですよ。

私が実際にやったのは、自転車で買い物に行ったり、お菓子を「今日はダイエットのために止めます!」と宣言したり、ご飯の量を減らしたりと、実践していました。
隣で奥様がダイエットに動き出したのを見て、
放っておくような旦那さんはいません。

特に、「ちょっと太ったかな」と認識している旦那さんなら、絶対に「俺も始めようかな」ってなります。
実際に、わが家の旦那さんは「よし、俺もご飯を減らそう」って一緒にしてくれました。
毎回できるかどうかは期待せずに、あなたがやってみて、見せておいて、一緒にやってみるになるといいと思いますよ。





賢い主婦は、旦那さんだけにさせない、一緒にダイエットをして共感する

痩せて欲しいのは旦那さんだけではないはず。
あなたもダイエットしたいはずです。
そんな時には、あなたもダイエットをやることは当然ですね。
旦那さんだけ痩せればいいなんて、都合のよい話はあってはいけません。

だから、賢い奥様は一緒にダイエットをするはず。

194992[1].jpg

私も、スムージーを一緒に飲んだり、散歩したり、運動したり。
ご飯を減らしたり、お菓子なしの日を作ったりと、夫婦は一緒の生活をしていますから、やっていましたよ。
一緒にやってくれている人がいると、旦那さんも止められなくなりますよね。

時々はありますよ!!
もうお菓子が食べたい!っていう時。
旦那さんもあります。
そんな時には、一緒に食べてしまう日があってもいいのです。

一緒に笑いながら「ダイエットだけど、今日だけいいよね〜」とお菓子を食べてもいいのです。
要は、しっかりと健康になるかどうかです。
厳密にいえば、お菓子は絶対禁止でしょうけど、目的は何度も言うように、“長期間でゆっくりとダイエット”です。
だから、ゆっくりと始めていけば良いと思いますよ。





最初に褒める!脱衣所に体重計と測定用紙を置いて、目でダイエットさせる

次のステップにレコーディングダイエットを入れてみても良いと思います。
ただし、食べたものを書いていく、レコーディングダイエットもありますが、私の場合には体重を書くだけのダイエットです。

食べたものを書き出すと、1か月で3キロも痩せた!

効果絶大、レコーディングダイエットと言いますが、そこまでを男性に求めるのは厳しいと思います。
実は・・・・・
うちの旦那さんにも“書くだけダイエット”を薦めたことがありましたが、さすがに面倒なのか、男性には難しいようです。
だから、あまり効果があるとは言えません。

それで私が始めたのが『体重を書くだけダイエット』です。
お風呂場にノートを置き、体重を書いていくだけ。
私も確認できるし、旦那さんも「おお、今日は痩せている!」とか、「戻った!」とか一喜一憂して楽しそうです。
体重をいつも気にすることができて、いいと思います。

そして大切なのが褒めること。
「え?もう効果でたの〜」
「すごいじゃん!」

の一言で良いので、言ってみると結構満足してくれますよ。
奥様の一言を旦那さんは待っていますからね。

認識にステップの次は、軽くダイエットを見せる、そして一緒にダイエットを始める。
体重を身近なものにして、書くことを続けること。
これが第2段階です。





posted by けい子 at 02:20| Comment(0) | ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。